<   2017年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

川の流れと共に生きてきた布職人。
水無くしては布が染められないからだ。
f0227590_00070838.jpg


















かつて川が流れていたエリアでは乾燥で水が乾いてしまい、水を求めて村の場所を少し移しながら、なお布づくりを続けている。
現段階では井戸を掘り、水を確保できている。
「あと30年以内にはまた水を求めて、もっとインドの南へ向かわなければならないだろう。」
と職人はそんな予測をしながらも、10代続く伝統を絶やさないためにと、今出来る事にベストを尽くす。
f0227590_00022365.jpg

















f0227590_00093803.jpg











布を染める水は大地へ還し、村の田畑を潤すのだ。
貴重な水はこうして暮らしの中を巡っている。




[PR]
アジュラックの工房へ行くと必ず、家庭料理でもてなしてくれます。
食べる事の悦びを共に感じ、食でもてなすことがイスラム教の人々の習慣なんですね。
職人と今年の布の流行について、工房の職人について、家族の話といろんな変化を感じれる時間でもあって布探しの合間にほっとする。
f0227590_00185773.jpg

















いつも、アジュラックの布を床にひき、食事を囲む。

[PR]
by ikimono-no-oto | 2017-03-14 19:19 | INDIA
f0227590_23510045.jpg
結婚祝いにもらったAJRAKHの布を肌身離さず身にまとう友人。
カップではなく、お皿にチャイを注いでもらい飲むのがこの地の習わし。



[PR]