<   2010年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

久しぶりにTVをみようと思い立った。グット引き寄せられるドキュメンタリー番組が始まった。
BS2「ミッション」という番組から、「エクマットラ」というNGO団体がある事を知る。
ラオスと共にアジア最貧国と言われるバングラデシュ、
首都ダッカのストリートチルドレンに、教育の場を提供するという活動団体であった。
その中の一人に、渡辺大樹(ヒロキ)さんという日本人青年がいた。NGO「エクマットラ」では現在顧問として従事し、現地にて活動をしているそうだ。
話は遡る事7年前、
20代前半の若き日本人青年が、たった一人でバングラデシュに飛び込んでいったという話に始まる。

バングラデシュの国土面積は北海道の2倍くらい、人口は1億6千万人、と日本人の人口以上の人々が暮している。そのうち首都ダッカの人口は1300万人、そのうちのストリートチルドレンは30万人スラムで暮らし、家族のために日々物乞いを、ごみをあさり食料を調達するというのが子供たちの日常である。

1971年独立後、バングラデシュは莫大な海外援助で支えられてきた。その根深い海外への依存体質が、自国の社会問題に見向きもしないという流れをつくったのだという。
急成長を遂げるバングラデッシュに富裕層もいる。だが、まだ自分の事で精一杯だ。
危険と隣り合わせにも関わらずある時はスラムへ売春婦街まで足しげく通いながら、流暢なベンガル語を話し、だんだんと大人の辛い暮らしの話しを聞きつけるまでに、スラムの人々の心を開いていったという。
そうしてストリートチルドレンに誰も振り向かず目を背け続けてきのかという事実に直面した渡辺さんは、バングラデッシュの国の根底にある問題に気づいた。
「現地の人々にとってはストリートチルドレンがスラムで暮らすということは日常の風景にすぎない」そして
「無関心」であるという事に。

そうして渡辺さんはこれまでに出逢った、ダッカ大学時代の有志と共に、NGO団体「エクマットラ」を設立。討論を繰り返し、手と手を取り合いながら不安定なストリートチルドレンたちを救援されてきた。
そんな中で、事実に基づいた一つの映画作品が生まれた。
農村生活を捨て生き延びるために大都会ダッカへ向かう子供。違法商売の悪事を働く大人によって、何の判断もつかぬストリートチルドレンを利用し、ダッカの闇の生活へとおちいらせてゆくというストーリー。
現地の人々にとって、ドキュメンタリーでは、ただ日常風景を見てるに過ぎないという事から、
この作品から人々に感情にうったえかけ、自国の現実に直視し、問題視させたいという願いからストーリー性のあるドラマ映画という表現をとられたそうだ。
その後、上映会を重ねるうちに「エクマットラ」の願いが現地の人々に届き、更に広がった様々な場での上映によってその映画が流行していった。
そうして現地の人に賛同してもらいたいという願いも実りその実績は、一度門前払いされた現地の銀行も資金提供者として動くほどに評価されるようになっていった。
「バングラ社会に役立つ活動をしてくれ」という銀行理事の言葉に、グットきた。

これまでの「エクマットラ」ミッションは
①青空教室(識学教育)
②シェルターホーム(社会性習得)
これまで①(読み書きがままならない子供たちへ、歌をうたう・絵を描くなど人との交流)、②(①で意欲をみせモチベーションをあげる子供に、社会性を身につけてもらう)を実行し、現在③の専門技術を磨くという職業訓練校の「エクマッドラアカデミー」の設立を目指している。

現在進行中の設立校
③アカデミー(職業訓練)
ストリートチルドレンの自立支援センターとして技術訓練+文化教育センターとして
①②③の活動を通して社会のどこにでも通用する人を育て、送り出すことを目標とされている。

渡辺さんは加えて、
「そうしてもしも子供たちが願うなら、青空教室、シェルターホーム、エクマットラアカデミーの講師として帰って来てくれることを願い、僕たちがいなくてもこの組織を自分たちの力で支え子供たちへの循環を作っていって欲しい」
「全ての子供たちを救えないかもしれないが、エクマットラの活動が数十万人に対してのモデルをつくるという事を願っている」というメッセージをきかせてくださった。

彼がバングラデッシュの空港に降り立った時、生涯かは分からないが、人生を賭ける舞台になるのでは、
とにそんな使命感に駆り立てられながら早く活動したいという想いでいっぱいだったという話があった。
そうして7間の歳月が流れた今、確かな手ごたえを胸に、夢見る子供たちが自立できるように願い活動を続けられている。
渡辺大樹(ヒロキ)さん現在29歳、
異国の地で、その当事者である人たちに訴えかけ社会全体で取り組むまでに基盤を整えられた。
こんな勇敢な人が、同世代の日本人にいるという事実を知り、活きる希望を与えられ深い感銘を受けた。
スラムでは何の選択も出来ない子供たちに、夢や希望を与えるのは社会をつくっている大人たちであるという事を。4月の締めくくりの30日、突き動かされる衝撃が走ってきた。

現在アップリンクファクトリー(渋谷)で映画「アリ地獄のような街」公開中

上映の収益から「エクマッドラアカデミー」の設立資金へ
公式HP http://www.arijigoku.net/

(Promotionビデオより割愛)
農村生活を捨て生き延びるために大都会ダッカへ向かう。
違法商売をストリートチルドレンにさせる悪事働かせる大人たち。知らぬ間に巻き込まれ危険と隣り合わせの日々がやがてダッカの闇の生活へとおちいってゆくというストーリー
危険と隣り合わせに活きる事実に基づいた映画
[PR]
4月11日の昼下がり。
友人の誘いからSPレコード研究会なるものに参加。
~シリーズ「日本人どこへゆく」~

会場は、「宝珠山手仕事舎」f0227590_2392334.jpg
小さな山の廃校を記録製作:著作・映像・音のオフィスとして、手仕事舎の活動拠点とされている。またここはライブ、演劇、公開講座、映画鑑賞と文芸を愛する人たちが集う場でもある。
廃校となったのは、宝珠山中学校(現東峰村)。現在、分室だった図工室や理科室が手仕事舎によって残されている。ここには古書やクラシックレコードが所せましと並び、文芸歴史に触れられる宝庫。2階にはカフェスペースがあり、これらを自由に閲覧できるというなんとも魅力的な空間。「Love letterを書くときにでもどうぞ」とスタッフさん。

同敷地内には、幼稚園、小学校、中学校とそれぞれあり、皆そこに通うので知らない人はいないし、みんな一緒に大きくなるんだよ、田舎ならではだね。と、たまたまその場で出逢った卒業生から話もきけたり。

そうして今回は、クラシック音楽から「春・たびだち~苦悩と希望~暗から明へ」をテーマに手仕事舎スタッフによって選曲されたベートーヴェン、ショパン、メンデルスゾーンの世界をアナログレコードで、春の訪れを楽しませて頂く。

f0227590_23102183.jpgクラシックの秩序的な美しさに久しぶりに触れ、軽やかで心地良い音に包まれる。手回しのゼンマイ仕掛けの蓄音機がゆっくりと丁寧に、時を過ごさせてくれる。細胞に微弱な振動が起こるような、民族音楽のように大地のエネルギーを感じる魅力とはまた違うもの、民族音楽にドップリだからこそ感じた異なる感覚、同じ聴覚なのにその違いは無条件に区別させるからまた面白い。

その空間からは、クラシック音楽を堪能できる渋谷「喫茶ライオン」にいるような懐かしさえと耽りながら、クラシックを愛するおじ様たちに囲まれ2時間の時を過ごした。
古いガラスに差し込む光、やわらかい風と散りゆく桜の花びらを眺めながら、
鳥のさえずり、そして時折聴こえる遮断機の音、
今昔の交響曲に、笑みを浮かべる。

目を閉じながら心地良くなっている時のこと、
なんだかモゾモゾする、
目をあけると小さなお客が凄スピードで私の身体をはってゆく、
袖口から、肩に、首に、ゴニョゴニョと動きまわり、つかまえては逃がし、つかまえては逃がし、何度もやってくるし、ほっといてはくれない蟻。田舎の虫と新参者の私、
小さないきものの存在感に完敗、してやられた。
f0227590_23161286.jpg




現役のYAMAHAのピアノ。
木そのもののマットな素材感の素敵な古いグランドピアノがここにある。いつかここで「生きものの音」のライブができるといいな。
f0227590_239029.jpg


どこからともなくやってくる水仙のような甘い香り、
風が運んでくれりたのは
りんごの花からの季節のたよりだった。
[PR]
友人からから手紙が届いた。
Burukina Faso (西アフリカ)からだ。
「貧しい国ですが、人のぬくもりが残っている良い国です。物のない生活から大切なものは何か、と気づかされます」とのメッセージがあった。
f0227590_231839.jpg
彼女はカラット明るく、太陽のような人だ。
青年海外協力隊で医療師として派遣され、日々、人の命と向き合う大変な任務を背負う傍ら、時折みせる彼女の笑顔できっと人々は共に笑い、泣いて、どれだけの人が心から救われ喜びを分かち合っているのだろうかと、この手紙からそんな想いが感じられた。
たくさんの人の手を渡り、そうしてここで旅を終えた薄汚れたこの手紙がなんとも愛おしい。


ブルキナの日常を紹介する彼女のサイトがあります。
ブルキナってどんな所??
気候・風土が感じられる美しい写真の数々からアフリカの大地がみえてきますよ。
http://tkyoshie.exblog.jp/
f0227590_2313394.jpg
[PR]
今回「からだと食」に追記したリンク先の紹介です。
・インド暦普及協会 毎日のカレンダー情報
・「月の暦」紹介
インドで昔から使われているインド式「月の暦」は、太陽、月の運行、そして月の満ち欠けを元にした太陰太陽暦。それをもとに、インド暦普及の会では日本で使える月の暦をハンドサイズの手帳に製作・販売されています。この手帳から月の満ち欠けはもちろんの事、月の居場所、日の出時刻(インド式暦の一日は日の出時刻から考えられている)その日の性質、その日のエネルギーでどんな活動が向いているのかと、吉凶をよむ事も出来ます。
日々眺めるだけでも意識的に注意を払うことができ、自然のリズムで時を過ごせるのでとてもオススメな手帳です。もう4月になったのですが、まだ手帳をお持ちで無い方は是非一度使ってみませんか?
お問い合わせはこちらへどうぞ
vedic-calendar@moon.biglobe.ne.jp
[PR]
by ikimono-no-oto | 2010-04-06 22:20 | 心とからだへ
福岡市総合図書館 シネラにてインド映画が上映される。
1977年のモノクロ作品~2006年までのカラー作品まで、
世界最大級の映画大国と言われるインドが映す世界。
伝統に重きをおく人々の変わらない村の暮らし、
そして急速な経済発展によって変わりゆく都市の人々の暮らし、
そんなインドの変貌振りから、現在のインドをつくり上げた大人達の社会背景、そして夢見る子供たちの暮らしや事情が感じられる作品に触れられるのではと、楽しみなインド映画際だ。
作品は16ほどあり、中でも「ヴァナジャ」(06年製作)という映画が気になってる。
(解説より)貧しい猟師の娘が、ある日占い師により素晴らしい踊り子になると予言され舞踏家へと成長していくという物語。この作品はコロンビア大学生の卒業制作という事で、外国暮らしのインド人監督ならではの視点から様々な背景が語られているのではないでしょうか。

・上映期間:4月1日(木)~4月23日(日)まで
※当日チケットのみ 一作品:大人¥500
[PR]
by ikimono-no-oto | 2010-04-02 00:28 | 展示会