カテゴリ:INDIA( 9 )

インドのカッチ地方で、布を求めて旅をしていたある日のこと。
ローカルの紐屋さん
に入るとその隅の暗がりに一人のおじさんの姿、何やら探しものをしていた。
しばらくするとそのおじさんの姿がはっきりと見え、その瞬間、私はハッとして彼に近づいた。肩からは、本家本元の「Pakistanアジュラック」を纏っていたからだ。

すぐさま話しかけるも全く英語が通じず、何とかこの布について話を聞きたいと周囲に居た子供たちに通訳をお願いし話ができようになると、おじさんはすんなり携帯番号をくれ、「いつでもうちにおいで」と。

嬉しさあまり地元の友人に連絡し、彼に通訳を務めてもらう約束をし、翌日おじさんの村まで行くことにした。

f0227590_15252075.jpg

道中、これまでにインドで見たこともない美しく立派な牛の大群に出会い、緑と土の香りを吸いながら、この地の風景から豊かな暮らしぶりを感じていた。

そうして、ようやくおじさんの村に到着し、言われた場所で待つも一向におじさんの姿はない。
しばらくすると、ド派手な格好をした人が前方に見えてきた。それは、まさかのおじさんだった。カーキの民族衣装に赤いカラフルなターバンを巻き、レイバン風なサングラス、そして手にはステッキを持ち颯爽とこちらに歩いてくる。友人は、「これは凄い!熱烈歓迎ムードだよ。」とうれし笑いが止まらなかった。


そうして、彼の家へと案内されるとまず、チャイをくださった。

着いたばかりなのに、お昼ご飯はどうする?ここで食べてくか?とか、いくつかの鉄の頑丈な箱をだしてきては、これは要らないか?と言いながらも、あれはだれだれからもらったんだ、っておじさんの思い出話に。
しばらく話を聞いていると、おじさんはやっぱり私たちに何かを買ってほしいのか?と段々と顔がビジネスマンの様に変わっていった。
ここは布の話へと軌道修正せねばと、「Pakistanアジュラック」を持っていたら見せてほしいとお願いした。そうして3枚、ベッドサイズほどの大きなアジュラック布を見せてくれた。その布は使い古され大変美しく、私もとっさに一枚、譲ってほしいと話をすると、おじさんは、これらの布がパキスタンの親戚からギフトとして頂いたものなんだとその布のストーリーを話し始めた。

f0227590_15290771.jpg


それは家宝として大切なものだね。と皆で話をしていたら、この一枚なら譲ってもいいよ。と昨日、出会った時におじさんが纏っていたアジュラック布を持ってきてくれた。

f0227590_15320332.jpg

おじさんも20年近くつかっていたものだけど、これなら譲る。と言ってくれた。私は昨日からの出来事を思い出しながら、これは頂くべきご縁だと感じて、おじさんの布を譲ってもらうことにした。

布を巡り、これまでにどれほどの人たちと出逢ってきたのだろうかと、このブログを書きながらしみじみと振り返る。


[PR]
by ikimono-no-oto | 2017-09-25 15:27 | INDIA

インドでショールといえば「ドゥパタ」。上半身をすっぽり覆う程の大判で民族衣装の「パンジャビスーツ」には欠かせません。

日本ではなじみのない大判サイズかと思いつつも、ある女性への贈り物としてこちらのドゥパタをプレゼント。

f0227590_15415698.jpg

ジャイプール製の木版捺染による更紗。
シックな色合いにシルクコットン生地のしなやかさと透け感もまた魅力的。

インドでは前から後ろに布を纏う風習があり、文様の美しさを上手に魅せてくれます。

f0227590_15213428.jpg

インドサリーよりも少しカジュアルになりますが公的なスタイル「パンジャビスーツ」です。こちらには必ず「ドゥパタ」を纏います。

f0227590_15225313.jpg

布を広げ、1回、もしくは2回ひねります。
布の端を広げながら、左右の肩に掛けます。
イメージは蝶々の羽の様に美しく広げましょう。

布の垂れ感と柄がよく見えて、後ろ姿が美しい纏い方。

f0227590_15220882.jpg

ウダイプルの結婚式で見かけた纏い方。
まだ思案中で正式な纏い方はご提案できないのですがご参考まで。

右に写っている女性の様に、右肩だけに長くショールを掛けるのも公的な纏い方です。


[PR]
by ikimono-no-oto | 2017-09-23 16:06 | INDIA
ここ2週間で朝晩ひんやりし始めるも日中は34度くらいで、カラッとした日が続いていました。
雨季が終わったとおもっていたけれど、久しぶりに強めの雨。
季節の変わり目には体調を崩す人が多く、また蚊から感染するデング熱にも気を付けなければ。

これから冬に向かって観光、ビジネス、そしてYogaの勉強にとインドが世界中の人たちで賑わうシーズンとなる。日本そして海外にいる友人からも続々と連絡をもらい、観光やマーケットにお連れしています。
ハンディグラフトの技法の美しさと繊細さ、そして感性のユニークさに魅了され、時間を忘れ楽しまれてます。

f0227590_18580205.jpg

























カンタ刺繍ワーク

f0227590_19031391.jpg




















アヒール族の刺繍
f0227590_15023581.jpg

























アッサムの薄手タオル
えっ?UFO!

[PR]
by ikimono-no-oto | 2017-09-22 19:08 | INDIA
インドでは、七月から税金が上がった。
贅沢税として、装飾品、衣類、飲食などがその対象となった。
例えば飲食だと、RS7,000(日本円で12,000)の合計額だとしたら
RS1,400(2,400円)位が税金となる。
支払いは、RS8,400となり、約20%が税金となる計算。
毎度支払いにドキドキしながら、あまりうれしいことではない。
この20%の税の一部は、インドの各州によって違うのがなんとも厄介。
でも、裏を返せば、合計額に対して、税が5%で済む所もあり、その州では得した気分になれるのだ。


インドでは、6月に始まった雨季がまだ続いている。
そんな季節に流行るのは「腸チフス」に「デング熱」
「腸チフス」は人から人への感染とされ、コックがその菌を持っていたら食材を通して私達に感染してしまう。

また、朝の湿度ときたら、80%と不快度指数が高く、また食材の痛みが凄く早い。
お金を払っても、品質が見合っていないという悲しいレストラン事情と雨季の食材の痛みを考慮して、この季節は「家庭料理」に専念する事が一番健康的。

そうして、外食ランチを辞めて、友達がカレーを我が家へ持ってきてくれた。
スパイスで煮込んだムングダルに、トマトとココナッツの風味がもうたまらない。そして止まらない。

f0227590_19380106.jpg
食材、鮮度、そして彩り。
いつも食べたいのは、「生きた食事」
心もカラダにも、たっぷりの滋養が与えられてるなーと感じながら
頂ける事にこの上ない幸せ。
そうして、ランチタイムの後には。。。
f0227590_19212262.jpg
チーズケーキ。
こちらも、友人の手作り。
一口ひとくちに意識を向けながら心から感謝。
我が家で最高なランチタイムになりました。

Namaste Dear my friend.
ごちそうさまでした。



[PR]
by ikimono-no-oto | 2017-08-30 19:19 | INDIA
アジュラックの工房へ行くと必ず、家庭料理でもてなしてくれます。
食べる事の悦びを共に感じ、食でもてなすことがイスラム教の人々の習慣なんですね。
職人と今年の布の流行について、工房の職人について、家族の話といろんな変化を感じれる時間でもあって布探しの合間にほっとする。
f0227590_00185773.jpg

















いつも、アジュラックの布を床にひき、食事を囲む。

[PR]
by ikimono-no-oto | 2017-03-14 19:19 | INDIA
昨日の昼間、ふと思った人から今朝届いたメール
昨晩、ふと思った人から数時間前に届いたメール
ほんの1時間前にふと思った2人の人から、その後その2人からすぐに飛んできたメール。
全て、思いの丈が綴ってある女性たちからのメールであった
f0227590_19130162.jpg
インドと日本という物理的な距離を超えて
空に漂うエナジーが、チューニングする私にアクセスしてくれる様だ

不思議と出会う旅
これこそが、私の生きがい




[PR]
by ikimono-no-oto | 2017-01-31 19:10 | INDIA
インドで3度目の家探しが始まりました。
全然ここの土地勘が無いのに「社宅」のための一棟借り(12人住まい)そして「自宅」と、この2つの案件を同時進行で見つけるという大変なお役目がまわってきた。
それから1か月が経ったというのに、まだ物件が決まらないものだから、ホテル暮らしが終われない。

このエリアには高層ビルが立ち並び、インドの近未来都市と言われる。
多くの日本人は、ファシリティーの整った日本とさほどの差のないその高層ビル群内に暮らしていると聞いた。
どんなに良いのかと、いざ拝見。
バスタブの無い家が一般的なインドの暮らし。
だけど、そこには大きなバスタブがありジャグジーがあり、そしてすごく広く、大理石に囲われた綺麗な部屋と家具となんとも魅力的。
確かに住み心地はよさそう。
でも、その先の風景が気になる。
建築ラッシュのため工事現場を眺める暮らし。キンキンと甲高い工事の音も気になる。
ここには住めないと思った。
沢山の高層ビル群の家を見回りながら、まず決めた事。
「のどかで生活感のあるエリア」を探すことだった。

勝手の悪さを何度か乗り越えてきたインドでの暮らしをすると、家探しの最も重要なポイントがわかってくる。
あたりまえだけど、オーナーの人柄。
そこで暮らしの幸、不幸が決まる。
メンテナンスを十分にそして敏速に行ってくれそうか?
余程のビジネスマインドでない限り、日本での1日は、インドでは3日。これが一般的な日にちの感覚だから。
住まいのトラブルは1日で対応してほしいものだ。

そうして内装からは、オーナーが自分の財産としての建築物であるという意識をもっている人か?
そういうオーナーならば使っている素材、設置するもののクオリティーへのこだわりを随所に感じさせてくれる。
日本ではあたりまえなこと、でもここではそんなオーナーに出会える確率はかなり低い。
これらのクリアポイントを、物件内でオーナーに会ったその瞬間に察知しなければならない。

そしてインドの「新築」もご用心。綺麗さに騙されるなかれ。
住み始めてしばらくすると壁から水が漏れ出すこともしばしば。
配管の水漏れが起こると、日々舗装工事に明け暮れる。
f0227590_22575530.jpg


それにしてもね、水の配管すら完成していない工事中の物件を見せられても。
これこそが、家を決める大事なポイントなんだけど。
しばらく水を流し続けている物件に限る!

安住の地を求めて、家探しはまだまだ続く。














More
[PR]
by ikimono-no-oto | 2017-01-26 16:14 | INDIA

f0227590_22394326.jpg
今日の夕昏時の空がなんとも美しかった
部屋で横になってみた
クラクションの音がひっきりなしに鳴り響く
星は一つ 、また一つと瞬き始めていた

そうしてある日の事を思い出した
インドの西の果ての乾いた大地に横たわって
ほの暗い空に輝き始める星をみつけるという
「星探し」のゲームをして遊んだ事を
f0227590_22322347.jpg


[PR]
by ikimono-no-oto | 2017-01-18 22:27 | INDIA
寒に入り寒さひとしお厳しくなっている頃かと思います。
しばらくでした。半年余り、ブログを更新しておらず、すみません。
殻の中で冬眠をしているかの様な気持ちで、吸収する時間にしていました。

かつては日本を拠点に、インドに行っては「Yoga」 の学び、そして「SANTULAN」 の服づくりと日々注いで来ましたが、その暮らしも一転し、現在はインドで生活をしています。
夫の仕事のペースに合わせて、4度も住まいを変えなければならない暮らしがあり2016年は、本当にタフな1年でした。

今では旅人でも仕事でもなく「定住」という暮らし方があるもんだなと、感じる様になりました。
見慣れると風景になっていくと言いますが、ここは13億以上もの人々が行き交うところ。インド人らしい行動パターンは把握してきたものの、本当に実行してしまう人たちの行動、それから言動には飽きもせず。
風景にはなりもしません。

そんなウソみたいな本当の人たちの中で「郷に従う」様にその場に馴染むことが最優先な中、引っ越し場所が変わっても「掃除、洗濯、そしてお料理」と私のご奉仕の日々はかわりません。
出来ていることは、自分も相手も喜ぶ事でそれはなんとも美しい人生🌺なのですが、平日は一人でいる時間、話さない事がほとんどです。
そんなsilence の中だかこそ、大切な気付きがあるものです。
おさんどんをしながら、平凡な日々の繰り返しにこそ、良い体験がありました。

掃除も洗濯も「清め」の行いであるということ。そこに集中し淡々とこなすだけ。
身も心も清浄な場を好み、その空間にそっと居てくださっているであろう、神様のために。

ある時には、食材に触れることに意識を向けてみた。
科理をしつつ「私は自然と繋がっている生きものなんだ」って全身で感じる。
たべものに含まれる「エネルギー」を私達は体内で吸集するという「力」があり、それが自身の「活力」となる。
そうだ!それを「エネルギー」というんだな~。
生きものは「エネルギー」で 生かされているんだから。
そのことが「調和と連鎖」であるのだと改めて気づかせてくれた。
また、「食の質」こそが、「命の本質」に気づける為の良薬になる。


出来上がった科理を前に「いただきます」という感謝の心を重んじる日本の文化。
身体(=空間)というフィルターの中で呼吸をしながら、「火・水・大地」が育んだ「実り」=「エネルギー」が融合する時。
それは一つの儀式である。
全ては「ありがとう」という感謝のためなんだね。

f0227590_22320818.jpg


昨今のお話を少しばかり・・・・
昨年、数か月の日本への一時帰国が終わり年末にはインドに戻りました。
そうして年明けには引っ越しの話題が再び。
現在新居を探しつつ、ホテル暮らしをしています。
掃除、洗濯、食事は全て任せてあり、贅沢な環境下ではあるものの、気付きが沢山あった日々を思うと早々に引っ越したい気持ちです。
「自分らしく暮らす場」=「住まい」に根を張るという事の大切さを改めて痛感する日々です。

今年のインドは暖冬なのですが、日中は春の様子でルンルン気分。
でもなく、冬の間は大気が停滞ぎみ。例年のごとく大気汚染に覆われたお国です。
体は完全にインドモードになりつつ、日本の四季のサイクルからすっかりはなれてしまいました。
農薬大国のこのお国とあって、自分で食材すら選べない今の日々に参ってきました。

移動する場は少ないながらも今ここでできることを大切に、Yogaの学びを自分の体験の中で更に深めています。
身も心も健全に、「魂」が元気になれる事をしていきたいとおもいます。

週末だけはデリーに戻りつつ、これから備えつけたいものを注文しに家具職人の元へ行き、時折お針子さんにも会いにいく・・・
ムスリムの祈りの布、「アジュラック」とはまた違う手仕事の布にも出会いながら、「好奇心」はどこまでも「出会いの扉」を開いてくれるものです。
いつかまた、インドの手仕事の企画展でも、と思っています。

ご縁の続くインドから、これからまたブログを書いていきます。
どうぞお楽しみに。




[PR]
by ikimono-no-oto | 2017-01-11 15:46 | INDIA