カテゴリ:カタルシス( 6 )

f0227590_1347135.jpg


「精神的な力は生気であり、弱さや愚鈍は死に等しい」
By Swami Vivekananda

いつも心に留めている言葉があると、ポジティブなスイッチをonにシフトできる。
私の中のポジティブとは、「活力」であり「軽やかさ」そして光を受けているという「意識」である。

ネガティブとは心が晴れず、精神的にも肉体的にも「重さ」が伴う。
内に伝えられない想いがるのかもしれない。
どうしようもない、
そんな時には、落ち着く場所で一人になって声を出すと良い。声=波は、バイブレーションを起こす。自分を押さえつけず、ただ想いのままに。
どうしようもなかった想いを忘れる頃には、波が収まる。
ネガティブさは喉を伝って上昇し、次第に心身共に軽やかさがある事に気づかれるでしょう。

もう一つ、
時に、馬が合わない相手にも心をこめて「「ありがとう」と言ってみる。
大事なことは、生気をもって、相手方と繋がること。
それは一方通行でかまわない。
そして手放す。

どんなことがあろうと最終的な心の持ち方は、自分次第である。
心の司令塔は私の中にあるのだから。
ネガティブさを心に溜めないという事も、わたしを大切にしているということになる。
そして、ありもしない心のごみを相手にまき散らすことはできなくなる。
人を1人傷つけると、その想いは波紋のように広がるから。
そして大きな波は一つの世界になる。

自分の弱さを克服すること、それを強さという。

強さを持つと、次第に心の波風は立ちにくくなってくると思う日が訪れた。
自己愛への自信、ともいえるのかもしれない。

そうして、次第に「物質」に法則があるように「スピリット」にも法則があると気づいた。
外界には生命が活動するための「想い」のエネルギー、それからそれをも包み込む「森羅万象」のエネルギーで満ちている。けれども、私達の身体内にも生命の根源要素として「地」「水」「火」「風」「空」による活動が内在する。だから、私たちには「外界、内界」とどちらの意識の世界ともアクセスできる。
私は、生命の根源要素=「エネルギー」を受け、その恩恵で生きているという意識へと向かう道に進み、見ようとしなければ見えてこない微細な世界があると知っていく。

選択に関して。
時に「迷う心」にはストップをかける。AもBも、いずれの選択にしても今の自分に最適な道であると思えるから、なるようになると預けてしまう。何より、「スピリッとの法則」があるから、自分はどこに向かえるのかと、その先の出会いを楽しみにしている。
選択は2つではなく、それ以上ある。
預ける、これも一つの選択。そして最善な「今」がある。

私は、どんな人なのかと客観的にみつめ続けるうちにまた、「弱さ」を知る。
低次自己を悟り、上昇させるように、高い意識に気持ちを広げる。
繰り返し、繰り返し・・・・
Be happy.
[PR]
by ikimono-no-oto | 2016-06-08 14:37 | カタルシス
目は見ることをたのしむ
耳は聴くことをたのしむ
こころは感じることをたのしむ
どんな形容詞もなしに

どんな比喩もいらないんだ
描かれていない色を見るんだ
聞こえない音楽を聴くんだ
語られない言葉を読むんだ

楽しむとは沈黙に聴き入ることだ
木々の上の日の光り
鳥の影
花のまわりの午後の静けさ

長田 弘さんの言葉
「静かな日」より
f0227590_18574461.jpg



[PR]
by ikimono-no-oto | 2016-05-26 18:36 | カタルシス
「心頭を滅却すれば火もまた涼し」
どんな苦痛に会おうとも、こころの持ち方次第で苦痛とは感じなくなる

シフトの起こることわざ

「無念夢想」
一瞬一瞬、変化する「こころ」の想いをすっかりなくすまで・・・
その境地に至るまでの「道標」

f0227590_15592378.jpg
[PR]
by ikimono-no-oto | 2015-02-05 15:28 | カタルシス
f0227590_11282714.jpg
[PR]
by ikimono-no-oto | 2014-01-09 11:27 | カタルシス
Why is desert so beautiful to see?
砂漠はなぜ美しいのでしょう

There is the reason lovely to tell.
理由があるなら教えて

Because the desert is hidden the water well.
それはね、砂漠は井戸が隠れているから

why is made desert so lovely at night?
夜の砂漠のはなせこんなにも美しいの?

Mean of reason, tell me just one...
一つだけ、教えて

At the night desert is hidden the Sun.
夜の砂漠は太陽が隠れているから

movie:~Little Prince~




It's only with the heart at one can see cleary
ものを見る目は心のの中にある

What's essential
大切なものは

It's invisible to see eyes.
目にはみえないんだよ

movie:~Little Prince~
[PR]
by ikimono-no-oto | 2013-07-04 09:47 | カタルシス
「自分への愛」

自分を愛すること
本当に自分を愛し始めたとき
私は知った
苦しみや悩みは
自分に警告しているに過ぎないということを
己の真実を見つめて生きよ、と
今、私にはわかる
それは真剣に生きることだと

本当に自分を愛し始めたとき
私は理解した
機も熟しておらず、準備もできていないのを知っていながら

誰かに・・・たとえ私がその人でも・・・自分の望みを押し付けることが
いかに相手の面目を失わせることか
今、私にはわかる
それは自尊心というものだと

本当に自分を愛し始めたとき
私は思いとどまった
他人の人生を羨むことを
すると周りのすべてが私を促しているのに気が付いた
成長せよ、と
今、私にはわかる
それは成熟というものだと

本当に自分を愛し始めたとき
私は理解した
どんなときもどんな場合にも
適切なとき、適切な場所にいること
そして、起きることは
すべて自分にふさわしいということを

それからというもの、私は心穏やかになった
今、私にはわかる
それは自尊心というものだと

本当に自分を愛し始めたとき
私は思いとどまった
自分から自由な時間を奪うことを
そして未来のために絶えず壮大な企画を立てていることを
今していることは
楽しくて面白いことだけ
大好きで笑ってしまうことだけ
自己流に、そして自分のリズムで
今、私にはわかる
それは誠実というものだと

本当に自分を愛し始めたとき
私は自由になった
自分にとって健康的でないあらゆるものから
食べ物・人間・モノ・状況
そして、しつこく私をひきずり下ろすものすべてから
初め私はそれを「健全なエゴイズム」と呼んでいた
だが、今、私にはわかる
それは自分に対する愛というものだと

本当に自分を愛し始めたとき
私は思いとどまった
いつも自分が正しいと主張することを
すると以前のように誤らなくなった
今、私にはわかる
それは謙虚さというものだと

本当に自分を愛し始めたとき
私は拒んだ
過去にこだわり続けることを
そして未来に心を煩わせることを
今、私はこの瞬間を生きている
すべてが起きるこの瞬間を
毎日そうして生きている
そしてそれを
完璧さと呼んでいる

本当に自分を愛し始めたとき
私にはわかった
頭で考えたものは、心を貧しく、病ませることがあると
けれども、感情に助けを求めたら
理性にとって、素晴らしいパートナーになった
今ではこの結びつきを
真の叡智と呼んでいる

もう恐れなくていい
自分や他人との対立や葛藤、トラブルを
星だってときには衝突する
すると新しい世界が現れるのだ
今、私にはわかる
それが、人生だと


(70回目の誕生日に)
■チャールズ・チャップリン:1889年~1977年
映画監督・俳優

「心のマグネツトの秘密」 より抜粋させていただきました。
f0227590_14273613.jpg
著者リューディガー・シャヘ 訳:小川しょうこ
発行所:㈱飛鳥新社 
ISBN978-4-86410-127-1

私はこの本を手にしたその日から不思議なことがありました。ひらめきで動いてきたこれまでの事が一つになる瞬間が訪れました。そしてハートの扉が開かれました。
[PR]
by ikimono-no-oto | 2012-04-10 14:36 | カタルシス